元妊婦ががおすすめする妊娠線予防クリーム

妊娠線予防クリームはストレッチマーククリームがおすすめ

私が胸を張っておすすめすることができる一番の妊娠線予防クリームはafcのストレッチマーククリームです。乾燥肌、敏感肌の妊婦さんでも安心して毎日使い続けることができる最高のクリームです。私は今までに二回妊娠し、その中で様々な妊娠線クリームを試しましたが肌へのなじみ、肌がうるおうという効果を短期間で感じることができました。

おすすめの妊娠線予防クリームはストレッチマーククリーム

 

色んな妊娠線クリームを使ってみたけど匂いがきつい

妊娠線予防クリームをたくさん紹介しているサイトがありますがその中には匂いがとてもきついものが混ざっています。匂いがきついと毎日使い続けられるはずないですよね、お腹に塗った後に外出した時に周りに避けられてしまわないのか不安なものです。

やさしい香りのする妊娠線クリームを選ぶこと

だからここで紹介している妊娠線クリームはやさしい香りがするものしかピックアップしています。

 

母も妊娠線ができていたので自分もできるかも

私がこのサイトを作った理由はもともと妊娠線ができやすい可能性があったからです。私の母はお腹に白い線がうっすらと何本も残っているのですがこれは妊娠線の名残なんです。母は乾燥肌なので妊娠時にお腹が大きくなってきた時にすぐに妊娠線ができてしまったと聞いていました。

妊娠線ができたお腹

私も遺伝のせいか母と同じ乾燥肌なのできっとお腹にできてしまうんだろうなと感じていたのですが、妊娠線予防の方法があると知り妊娠時に実践してみて無事に成功しました。なのでその時に得た経験をもとのサイトを作ったというわけなんです。

 

妊娠線クリームはちょっと高いけどその分不安が少なくなる

妊娠線はできてからでも消せるという広告を見かけることがありますが、妊娠線クリームはあくまで予防が目的なので消すことはできません。そもそも「消すことができる」と謳っている時点で医薬品になるので単なる市販のクリームではそこまでできないのです。

できれば妊娠がわかったらすぐに使っておくべき

だからできそうになってから塗り始めるよりもまだお腹があまり出ていない段階から塗っておくのがどう考えてもいいわけなんです

妊娠線クリームは早い時期から使いましょう

しかし初めて妊娠される方だとこのことをよく理解できないので「妊娠線予防しなくても私は大丈夫かな」と決めつけてしまって突然妊娠線ができてしまうと公開してしまうわけなんです。

妊娠線ができると消すのにお金がかかります

妊娠線クリームを使わない理由に「ちょっと高いから」ということが言われますが、産後もきれいな肌でいたいのならこの程度の費用はかなり安いですよ。なぜなら妊娠線ができてしまったときに消すには医療クリニックに通ってレーザーのお腹を治療してもらう必要があります。ここでかかってくる費用がいくらだと思いますか?最低でも10万円以上はかかりますよ。妊娠線予防クリームは一つ3000円ぐらいなのでその30本分以上の値段になります。

お気に入りサイト

妊娠線クリームをランキングで紹介しているサイトです。実体験に基づいた内容なので読むとためになる内容です。
妊娠線予防クリーム おすすめ

 

このサイトは私が様々な妊娠線予防クリームを使う中で本当に予防効果があって使いやすかったクリームだけを厳選して紹介しています。ランキング形式で紹介しているのでピッタリなものが見つかります。